HOME > 失敗しないインプラント治療
インプラントの治療は98%以上の成功率
1965年、ブローネマルク教授によって治療された最初の患者さんは、治療後40年近く当時のインプラントを使用して、最近亡くなりました。 現在、ブローネマルクインプラントの20年累積残存データとして発表されているものには、1983年から85年にかけて治療された報告で、上顎90.0%、下顎92.3%というデータがあります。 また、10年以上のデータでは96%、5年以上のデータでは98%以上という報告されています。
よく勉強をしている、症例数が多く経験豊富なDrを選ぶ。
年間50症例以上100本位のインプラントを埋めている先生は、慣れている先生といえるであろう。
また、予防に力を入れている医院を選ぶ
インプラントの成功維持に清掃とメインテナンスは非常に大事です。
インプラント治療をするためには、口腔内の環境を整える必要があります。
他の歯にも虫歯や歯周病が発見された場合、ただちに治療しなくてはなりません。
また、顎の骨の状態についても詳しく検査する必要があります。
歯周病などが原因で顎の骨が薄くなっていると、顎の骨を厚くする手術が必要となる場合や、
最悪インプラント手術そのものが行なえないこともあります。
手術中の院内感染を予防するためには器具や医院内の徹底した滅菌が必要となります。
これは歯科医がするべき当然の配慮ですが、中にはそれさえしていない歯科医院もあるのが現状です。 治療環境が清潔に保たれている歯科医院を見つけることは、手術を成功させる第一歩と考えましょう。
インプラント自体は半永久的な寿命を持っていますが、人の身体はその様なわけには参りません。
手術後も定期的な検査を受けて歯や口腔内の状態を確認する必要があります。
そして歯周病や歯槽膿漏、周囲の虫歯などが発見された場合、出来るだけ早期に治療しなければなりません。 インプラントを長持ちさせるためには、口腔内の環境を整えることが何よりも大切なことなのです。

▲ ページ先頭へ戻る

『インプラントは永久にもつのでしょうか?』
必ず永久にもつとはいえません。

患者様の年齢も違えば、歯ブラシの仕方、咬み合わせの強さ、周りの歯の状況、
お体の状態などすべてが異なります。

ではインプラントはどの様にダメになるのでしょうか?
それは、ほとんどの場合インプラントを支えてる骨が溶けてしまい抜けてしまうのです。
インプラントは天然の歯と違い虫歯になる事はありません。
ただ歯周病のように、支えてる骨が溶けて抜けてしまう事があるのです。(インプラント周囲炎)

インプラントの基本的な治療ステップは、インプラントを入れて数ヶ月待った後に被せ物を作ります。
それは、まだ骨と結合してないうちに細菌感染したり咬み合わせの力を与えない為です。
最初の基本のステップをしっかり守れば、インプラントの経過は良好です。
それをどんどん短縮すると、インプラントの周りの骨が溶けるリスクが飛躍的に高まります。
同じ本数の歯が抜けてる方でも、インプラントを入れる場所や本数が違ってくる場合があります。
それは、年齢・性別・咬み合わせの歯の状態・残ってる歯の状態などを考えてインプラントの治療計画を作る必要があります。
過剰や過不足の無い、適正な治療を考える必要があります。
天然の歯と同様にしっかり歯磨きをする事が重要です。
あなたのブラッシングもインプラントの寿命を延ばす大きな要素です。
インプラントの治療が終了する前に、歯科衛生士と一緒に歯ブラシのやり方をもう一度見直してみましょう。

▲ ページ先頭へ戻る

骨粗しょう症・糖尿病・腎臓病・その他全身的な疾患要因がある方には、インプラント治療ができない場合もあります。
骨粗しょう症とは、カルシウム不足から骨の密度が減少し、骨がスカスカになり折れやすくなる病気の事です。なかでも圧倒的に多いのは、閉経を迎えた50代から70代までの女性に多い閉経後骨粗しょう症、そしてそれ以降の高齢者に見られる老人性骨粗しょう症です。歯がない方の年齢層も比例しますから顎の骨の幅・厚み・量・質がインプラントを埋入する条件を満たさなければ治療が難しい場合もあります。

また上顎(上あご)の骨の奥に上顎洞というものあります。
この空洞は、鼻腔へとつながっていて、鼻柱骨によりまん中で左右にわかれています。
この空洞が生まれつき下の方へ、つまりお口の近くにある方は、上顎の骨が薄くなっていて、
1〜2ミリほどの厚さしかないといった場合があります。下あごにくらべ上あごのインプラントの方が、
難しい場合が多いのです。

また、歯周病の症状の進行段階にもよりますが、中度の歯周炎の治療では、初期の歯周炎と同様に歯磨きの徹底に始まり歯石などの沈着物の除去を行います。
重度の歯周病にかかると歯がグラグラと動いたり、口臭がひどくなります。歯並びも動揺してきます。
審美性も悪くなり、状態まで放っておくとやむを得ず何本か抜歯になること多く、インプラント治療ができる状態になるまで、まず歯周病の治療を行います。喫煙習慣もリスクを高めます。
喫煙が、歯周病に対する免疫力を低下させてしまうからです。血液中に入ったニコチンは、白血球の貧食作用を低下させ、血管を収縮させます。 さらに、ひどい歯ぎしり・強い食いしばりは、主に、寝ている時に起こるグラインディング(歯ぎしり)、無意識に行うクレンチング(強い食いしばり)、タッピング(カチカチと上下の歯を噛み合わせる)などの症状があります。それら歯ぎしりのせいでインプラントが駄目になってしまう場合もあります。そのような方にはマウスピースを使用していただく場合もあります。

▲ ページ先頭へ戻る