歯周病について

Home / 歯周病について
歯周病は歯を支えている部分、すなわち歯肉や骨の病気です。虫歯と同様に歯の表面に付いた歯垢(しこう:プラークとかデンタルバイオフィルムと呼ばれます)の中にいる細菌が原因で生じる、いわゆる感染症です。歯周病は細菌によって感染し、進んでいくものです。ヒトからヒトへうつっていくものですから、生活習慣に十分注意する必要があります。

歯周病の原因や症状

歯周病の原因は、歯の表面にプラーク(歯垢)が付着しこの細菌が原因で、歯の周りの組織が病気になる事が一番の原因です。

また、日本の成人の80%が歯周病とも呼ばれており、歯周病があまりにも進行すると、場合によっては歯が抜けたりすることもあります。

歯周病

歯周病の治療法

歯周病の予防と治療は原因菌を取り除くことです。歯周病の原因菌は歯の表面に付着するプラークに潜んでいるので、一度治療を行なったからといって終わりという事ではありません。

歯周病治療法

歯周病の予防

大切な事は、正しいブラッシング方法をしっかりと身に付け定期検診を受け、ご自身でケアする事です。

歯科衛生士さんと歯みがき

歯周病の進行

歯周病進行 ① 正常な状態です。② 歯の周りに食べカスが溜まり歯肉が腫れる。③ 根を支える骨が半分以上溶けて歯が揺れる。④ 最後は溶けてしまう。

 

デジタルマンガ「歯周病と生活習慣病」歯周病を放置すると…生活習慣病との意外な関係