セラミック治療について

Home / セラミック治療について

審美歯科治療は、歯本来の機能を回復すると同時に見た目の美しさを改善する治療です。歯並びや白さをセラミック治療によって改善することで、若々しく美しい口もとを作り出すことができます。

セラミック治療

セラミック治療は、金属アレルギーの心配がなく、自然な白さをキープできるメリットの多い治療です。

ナオデンタルクリニックでは、「セレックシステム」を導入したセラミック治療を行っております。低コスト&最短一日でセラミック治療を完了できるので、より手軽にセラミック治療を受けたい方や短期間で治療を終わらせたい方に支持されています。

セラミック治療はこんな方におすすめ

セラミック治療は、以下のようなご希望・お悩みをお持ちの方におすすめです。

  1. 銀歯を白くしたい
  2. 白く自然な前歯に仕上げたい
  3. 差し歯の変色を治したい
  4. お口全体をホワイトニング以上の白さにしたい
  5. 短期間に歯を白くキレイにしたい
  6. テトラサイクリン歯(歯の変色)を白くしたい

セラミック治療の特徴

ナオデンタルクリニックのセラミック治療には、以下のような特徴があります。

メタルフリーだから安全&変色しない

当院では、金属アレルギーの原因となる金属を使用しないセラミック治療が可能です。

一般的な保険による歯の治療の場合、詰め物や被せ物に金属の材料が使われることが多くあります。金属の材料を使用すると、時間の経過に従って金属が身体に溶け出して金属アレルギーを起こす原因となる恐れがあります。

また、金属が歯ぐきに溶け出して沈着することで、歯ぐきが黒く変色してしまうことも少なくありません。

セラミックによる白い歯治療は、金属が身体や歯茎に溶け出す心配がなく、身体に優しいことが特徴です。歯ぐきが黒く変色する心配もないので、差し歯や保険の被せ物治療によって歯ぐきが変色された方の黒ずみ治療(ブラックマージン治療)としても選ばれています。

セラミックは変色しにくい素材なので、いつまでも白く透明感のある歯をキープしていただくことができます。

最短一日でセラミック治療が完了

ナオデンタルクリニックでは、白い詰め物・被せ物を最短一日でセット完了できる「セレックシステム」という歯科治療設備を導入しております。

歯型を採取する代わりに3D光学カメラでスキャンしたデータを基に、コンピューターが詰め物・被せ物を設計し、精密な技工物を作製します。

一般的な白い詰め物・被せ物の作製の場合、型取りをしたデータを歯科技工所に送り歯科技工士によって技工物が作製されますが、その手間とコストがかからないことが最大の特徴です。

歯科技工士の腕によらず常に高精度な技工物を短時間で作製できるので、技工物の再作製などで治療が延びる心配もありません。

また、わずか一日で技工物のセットまで完了できるので、お急ぎでセラミック治療を完了されたい方にも選ばれています。高精度なセラミック治療を短期間&低コストで受けていただけます。

・セレックシステムについて詳しくはこちら

ナチュラルで透明感のある白さ

セラミック治療では、周りの天然歯の色に合わせて詰め物・被せ物の色をきめ細かく選ぶことで、お口全体をナチュラルな白さに仕上げることができます。

天然歯の色は、黄色みが強い歯・少しグレーがかっている歯など、患者さまそれぞれによって異なります。

歯の色を患者さまおひとりおひとりに合わせて選んでいくことで、お口全体で違和感のない仕上がりにすることができます。

また、歯の先端にいくに従って透明感のグラデーションを与えることで、より自然な口もとを再現することができます。歯の微妙な色合いや患者さまの天然歯に合わせた色を細かく調整することで、ナチュラル&透明感のある口もとに仕上げていきます。

セラミック治療の種類

セラミックインレー(白い詰め物) 

セラミックインレーに使用する素材には、以下のような種類があります。

ハイブリッドセラミックインレー

ハイブリッドセラミックインレーは、レジンというプラスチックの素材とセラミックを混ぜ合わせた詰め物です。

白く自然な色であることから、金属の詰め物に比べて目立ちにくくキレイな仕上がりとなります。また、比較的変色しにくい素材なので、しっかりとメンテナンスを行うことで白い歯をキープいただけます。

弾力性にも優れており、天然歯と比べても自然な噛み心地を実感いただけますが、オールセラミックインレーに比べると透明感と変色しづらさの面では劣ります。

オールセラミックインレー

オールセラミックインレーは、セラミックのみでできた詰め物です。透明感のある白さが特徴で、天然歯と比べても見分けがつかない自然な仕上がりを実感いただけます。

また、変色の心配もなく丈夫なのも特徴。長くキレイな歯をキープいただけます。

ハイブリッド
セラミックインレー
オール
セラミックインレー
透明感
変色しづらさ
強度

セラミッククラウン(白い被せ物)

セラミッククラウンに使用する素材には、以下のような種類があります。

ハイブリッドセラミッククラウン

レジンというプラスチックの素材とセラミックを混ぜ合わせた被せ物です。

オールセラミックやジルコニアセラミックに比べると強度と透明感には劣りますが、比較的白くナチュラルな仕上がりにすることができます。前歯よりも後ろの歯に使用されることが多いです。

メタルボンドセラミッククラウン

金属の上にセラミックをコーティングした被せ物です。

ハイブリッドセラミッククラウンに比べて強度に優れており、オールセラミックやジルコニアには劣りますが見た目もキレイな仕上がりとなります。

ただし、中の金属に純金や金合金といった錆びにくい素材を選ばないと、歯茎の黒ずみを起こす恐れがあります。

オールセラミッククラウン

セラミック素材のみでできている被せ物です。透明感に優れており、天然歯に近い仕上がりを実感いただけます。

変色しにくく強度にも優れているため、患者さまの様々なご希望を叶えることのできる被せ物です。

ジルコニアセラミッククラウン

別名「人工ダイヤモンド」とも呼ばれるジルコニアは、強度と透明感に優れていることが特徴です。

オールセラミックと比べても非常に割れにくく丈夫なため、奥歯のセラミック治療に使用されることが多いです。また、見た目の美しさにも定評があり、透明感のある美しい口もとに仕上げることができます。

前歯から奥歯まで対応することができる被せ物です。

ハイブリッド
セラミッククラウン
メタルボンド
セラミッククラウン
オール
セラミッククラウン
ジルコニア
セラミッククラウン
透明感
変色しづらさ
総合的な美しさ
強度

セラミック治療の流れ

セラミック治療は、以下の流れで進行します。

カウンセリング

STEP1 カウンセリング

まずは歯に関するお悩みをお聞かせください。「銀歯を白くしたい」「歯の形や大きさをきれいに整えたい」など、具体的にお話しいただくことで、より適した治療法をご提案することが可能となります。セラミック治療にかかる費用や期間についてのご質問にもお答えできます。

STEP2 精密検査

セラミック治療を希望される方には、お口の中の検査を実施します。今現在、装着されている被せ物や歯の状態、歯茎・歯槽骨の形態などを種々の検査で調べた上で、診断します。ケースによっては歯の神経の治療が必要となることもありますので、その点はご注意ください。

STEP3 治療計画の説明

検査・診断の結果をもとに、治療計画を立案します。セラミック製の被せ物を装着するまでの手順、費用、期間の目安などをご説明しますので、不安や疑問に思う点があれば遠慮なくお尋ねください。患者さまに心からご納得いただくまでは治療をスタートいたしません。

STEP4 前処置

セラミック治療の前処置は、患者さまのお口の中の状態によって変わります。例えば、銀歯をセラミック歯に交換する場合は、事前に銀歯を撤去する必要があります。歯の神経を保存することが難しい場合は、抜髄と根管治療を行ってから、セラミック治療へと移行します。

STEP5 土台作り

セラミック治療を行うための準備が整ったら、いよいよ土台作りです。セラミック製の被せ物を装着するために、歯の形を整えます。その状態で歯型取りを行い、まずは仮歯の装着です。セラミックの歯ができるまでは、レジン製の仮歯で過ごしていただくことになります。

STEP6 セラミック歯の装着

レジン製の仮歯で1週間程度過ごしていただいて、とくに問題がないようであれば本番の被せ物であるセラミック歯をセットします。セラミック歯を装着後も微調整を加え、より噛みやすく、美しい状態に仕上げます。

STEP7 メンテナンス

セラミック治療が完了した後も定期的にご来院いただくことで被せ物の寿命を延ばすことが可能となります。セラミックは汚れが付きにくく、見た目も天然歯にそっくりですが、あくまで人工物なので割れる、歯茎との適合が悪くなるなどのトラブルが起こる点に注意が必要です。3~6ヵ月に1回くらいの頻度でメンテナンスを受けていれば、装置の異常を早期に発見できるだけでなく、虫歯・歯周病も予防しやすくなります。

セラミック治療についてよくある質問

セラミックは何年くらいもちますか?

歯ぎしりや食いしばりといった悪習癖がなく、口腔衛生状態も良好であれば10~20年くらいもちます。セルフケアを徹底し、メンテナンスを継続的に受けることで、セラミックの寿命はさらに延ばせます。逆に、口腔ケアが不十分だと10年未満でダメになってしまうこともありますのでご注意ください。

銀歯のままでは駄目ですか?

銀歯の状態でとくに問題がなければ、無理に交換する必要はありません。金属アレルギーが心配であったり、不自然な見た目を改善したかったりする場合は、セラミックを検討されてみてはいかがでしょうか。

セラミックはなぜ高いのですか?

セラミックは、歯科用プラスチックや歯科用合金よりも原材料費が高いため、治療にかかる費用も自ずと高額となります。さらにセラミックには保険が適用されないことから、保険で作れる銀歯やレジン歯よりも費用が高額となってしまいます。

オススメのセラミック素材はどれですか?

前歯のような高い審美性が要求される部位には「オールセラミック」がおすすめです。天然歯の色調や透明感、光沢を忠実に再現できます。奥歯のような強い力がかかる部位には、金属に匹敵する硬さを持つ「ジルコニアセラミック」がおすすめです。白い歯が欲しいけれど、費用はできるだけ抑えたいという方には、レジンとセラミックを混ぜ合わせた「ハイブリッドセラミック」をおすすめしております。

セラミック治療中に痛みはありますか?

セラミック治療では歯を削ることがありますが、事前に麻酔をかけますので痛みを感じることはありません。麻酔注射の痛みも表面麻酔で緩和できます。