HOME > よくある質問
基本的には、長期にわたって使うことが出来ます。インプラントの10年後の生存率は平均で95%と言われています。 但しこれは平均寿命であって、定期的なメインテナンスを受けることで、この日数をのばすことが可能です。万一、インプラントを不幸にして撤去する場合でも、骨を増やしたりする処置を行ってインプラントを再度埋入することが可能です。
もちろん、そうならないように定期的なメインテナンスを受けることをお勧めします。

▲ ページ先頭へ戻る

インプラントは天然歯と同じ程度まで噛む力が回復します。

▲ ページ先頭へ戻る

インプラントの見た目は、自分の歯と殆んど同じようにきれいに仕上がり、審美的にも優れています

▲ ページ先頭へ戻る

インプラントに使用される材料チタンは、非常に生体親和性が高い為、金属アレルギーの心配はありません。

▲ ページ先頭へ戻る

インプラントを数本埋め込むことで、入れ歯をしっかりと固定することができます。
さらに、7,8本程度を植え込むことによって、義歯から解放されて、完全に固定性のブリッジにすることもできます。All on 4 (オールオン4)という方法をとることによって4本のインプラントで全ての歯を支えるという方法もあります。

▲ ページ先頭へ戻る

上顎骨には上顎洞という空洞があります。
上顎にインプラントを行うときには、この空洞より下の部分までインプラントを埋入するのですが、
その部分の骨が足りない場合、ソケットリフトサイナスリフトという処置を行って、
上顎洞を持ち上げてインプラントを埋入します。サイナスリフトは上顎洞の前方から歯肉を切開して手術を行うため、手術時間がかかり、患者様の負担も大きくなります。
一方ソケットリフトはインプラントを埋入する部位のみから手術を行うため手術の負担が比較的軽くなります。
詳しくはこちらをご覧下さい。

▲ ページ先頭へ戻る

残念ながらインプラント治療に関しては、健康保険は全く効きません。
保険治療は、最低限の治療を保証するものです。
現在の国の状況をみると、今後もまず保険適応になることはないでしょう。

▲ ページ先頭へ戻る