歯科インプラントとは、失った歯の代わりに、アゴの骨に直接骨と結合するチタン製の人工歯根を埋め込み、その上に人工の歯を装着してかみ合わせを回復する治療法です。
天然歯のような見栄えだけでなく、これまでの入れ歯やブリッジでは満足することが難しかった“食べる・話す”という機能も回復できるのです。

インプラントとは? 治療の流れ インプラント治療症例
インプラント治療の流れ

インプラント治療には、1回法と2回法の2種類があります。これらの治療では、インプラントを挿入後にインプラントと骨が結合するまでに非過重治療期間を設定する必要があります。
一般的に、下あごで3ヶ月、上あごで4ヶ月の治療期間を要します。 また、1回法、2回法の選択は症例により判断いたします。


1回法
1回法は、インプラントを顎骨に挿入後、口腔内に露出させる方法です。
メリットは、手術回数を1回で済ますことが出来る点です。

歯肉を切開し、顎骨にドリルで穴を開ける
インプラントを挿入、インプラントが露出
数ヶ月後、人工歯を装着。
2回法
2回法はインプラントを粘膜下におき、
骨結合が成立するまでの間口腔内と隔離しておく方法です。
2回歯肉を切開する必要があるので2回法といいます。

あご骨にドリルで穴をあける
インプラントを挿入、歯肉内に隠れる。
数ヶ月後、歯肉を開く。
人工歯を装着。
インプラント無料相談
インプラントとは? 治療の流れ インプラント治療症例

当院へのごあんない 初診の方のための問診表 アクセスはこちら
▲ページトップ