抜歯即時埋入

Home / 抜歯即時埋入

抜歯即時埋入とは

今まで、抜歯とインプラント手術は分けてやること(手術2回)が通常でした。しかも、抜歯してから、インプラントを入れるまでには、通常何ヶ月も待つのです。

これが、従来からずっとやられている、オーソドックスな普通のやり方なのです。 どうして、このような治療のやり方になるのでしょうか?

それは、抜歯した後、骨が安定して、インプラントが出来るようになる状態になるのに時間がかかるからです。

そのため、抜歯して何ヶ月も待ってからインプラントを入れるのが普通なのです。そうでないと、安定したインプラント治療は出来なかったのです。現在でも、この原則はほとんど変わっていません。

それなら抜歯したときに、ついでにインプラントの手術が出来れば……と思っている方は多いはずです。何回も手術を受けるのはいやなものですし、治療期間が少しでも短くなるのは嬉しいことだからです。

それを解決するために、開発された方法が「抜歯即時埋入法」です。「抜歯即時埋入法」は抜歯をした、その日に同時にインプラントを埋入する方法です。この方法を適用すれば、抜歯して、何ヶ月も待たなくて良いのです。

抜歯即時埋入

抜歯即時埋入の利点

  • 切開、はく離をしなくても済むことが多いので痛みが少なく、腫れが出ることが少ない
  • 抜歯とインプラント手術の2回の外科処置が1回の手術回数で済むため、身体的・精神的負担が少ない
  • 抜歯と同時にインプラントを埋入するので、従来の1/2の治療期間で済む
  • 抜歯直後は生体の治癒力が活発に働くため、傷口の回復が良い
  • ドリルで骨を削る量、時間が少ない
  • 歯肉(歯ぐき)などの軟組織の形態が維持しやすい
  • 早期に審美性が回復する
  • 骨移植、骨造成、軟(結合)組織移植などの追加手術をする頻度が少ない