ポセイドンによる治療水の除菌について

治療で使われる水もキレイに

 

治療で使われる水もキレイに

歯科医院では、手や器具の洗浄、歯の治療、クリーニング、患者様がお口をゆすぐときなど、多くの場面で水が使われます。せっかく、お口の中をきれいにしていただくのですから、歯科医院で使われる水もキレイで衛生的でなければなりません。

そこで、ナオデンタルクリニックでは、今まで以上にユニット内の衛生面を考え、治療に関わる工程で使われるすべての水を除菌するため、歯科ユニットウォーターライン除菌装置『ポセイドン』を導入しました。

≪当院の電解中性機能水システムの特徴≫

●院内全ての給水管内を除菌します(細菌数はゼロに近い)。
●治療時の水はかなりクリーンな物となります。
●院内感染対策として強力な効果を発揮します。

治療用ユニット内に付着する汚れとは

歯科で使われる治療用チェア、(以下、歯科ユニットと呼びます)の給水管の汚染は、1960年代から報告され、問題視されてきました。 さらに、1990年代には、歯科ユニットの給水管内に形成される『バイオフィルムによる汚染』が注目されるようになりました。 治療環境の衛生管理に厳しい米国においては、既に1990年代に、歯科治療に用いる水に含まれる『従属栄養細菌数』 について、以下のように基準を定めています。
 ・ADA(米国歯科医師会):200 CFU/ml 以下

 ・CDC(米国疾病管理センター):500 CFU/ml 以下
衛生的な治療環境整備の遅れている日本では、平成19年にようやく、「水質管理目標設定項目」に従属栄養細菌が追加されることとなりました。

その目標値は、「1mlの検水で形成される集落数が2,000 CFU以下(暫定)」となっています。

『ポセイドン』による水の除菌システム

歯科ユニットウォーターライン除菌装置『ポセイドン』は、添加物を一切加えることなく、水道水を除菌することができる最新の装置です。 歯科医院だけでなく、病院の手術室でも使われています。

 

『ポセイドン』を設置することで、水道水に含まれる塩素濃度が補正され、その成分である「次亜塩素酸」と「次亜塩素イオン」を含んだ「電解中性機能水」が歯科ユニットや医院全体に流れます。

つまり、人と自然に優しく、殺菌力のある電解中性機能水が医院の配水管内に流れ、細菌の繁殖を抑えることで、より衛生的な治療環境を保つことができるのです。

 

ナオデンタルクリニックでは、今後も、患者様に見える部分だけでなく、目に見えない部分への配慮も忘れず、医院内の衛生管理に努めてまいります。

『ポセイドン』による水の除菌システム

〜財団法人日本食品分析センターによる検査結果〜

 

分析試験項目:従属栄養細菌数 培養条件20度、7日間
方法:PGY寒天平板培養法
結果:30以下/ml 細菌数検出限度以下

 

当院は、電解中性機能水システム「POSEIDON」の導入により、上記検査機関における水質検査の結果、「治療水」の衛生状態において、「細菌数検出限界以下」という水質最高レベルの評価を得ております。

また、より詳細な報告では、細菌数「0」の測定結果を頂いております。
とても衛生的な「水」ですので安心して治療をお受け下さい。

 

★『きれいなお水の歯医者さん』で当クリニックが紹介されました   

きれいなお水の歯医者さん

水質検査
 
 


当院へのごあんない 初診の方のための問診表 アクセスはこちら
▲ページトップ