HOME > 骨が足りない人へ
骨の少ない、そのままではインプラントを埋めることのできない患者様には、骨の移植、再生術も研究されてきています。骨の移植術と一口に言っても症例に応じて様々な種類があります。足りない骨の量によって、移植する骨も、軽度〜中程度までの量であればお口の中の顎から採取することができます。重度に骨の足りない場合には、腰の骨を採取しなければならないこともありますが、いずれにしてもレントゲン写真撮影をしてきちんと診断しないと明確にはわかりません。

また、最近では人工骨(カルシウム系の素材)の利用も研究され効果を上げてきていますが、現在のところ、比較するとご自分の骨を利用するのが一番効果的であるという報告が多く見られます。

骨の足りない場合に、骨を足して増やす方法です。

▲ ページ先頭へ戻る

上顎の奥の骨が極度に薄い時に、お口の中から鼻の空洞に窓を開け、
そこに骨を追加して骨を増やす方法です。

▲ ページ先頭へ戻る

上顎の奥の骨が薄い時に、鼻の空洞の中を持ち上げ、
そこに骨を追加してインプラントを同時に埋め込む方法です。

▲ ページ先頭へ戻る

骨が細い場合に、隙間を開きながらインプラントを埋め込む方法です。

▲ ページ先頭へ戻る