CT診断について

CTについて CTの具体例 CT撮影依頼
CT診断の具体例

歯科用部分CTスキャンでのレントゲン診断では、従来のレントゲン診断に比べて、下記のような診断がより正確にできます。

実際の画像例はこちら

CT診断の具体例●インプラントの事前診断
歯科用部分CTスキャンでのレントゲン診断では、インプラント治療時に、事前にインプラントを入れる歯槽骨の状態を立体的に把握できます。これにより、インプラント治療の可否や入れる場所の位置決めが事前に正確に決定できます。
●歯槽膿漏、歯周病の骨の状態
歯科用部分CTスキャンでのレントゲン診断では、歯槽膿漏、歯周病の歯の根の周りの歯槽骨の状態を立体的に把握できます。これにより、歯槽骨の溶けた(吸収した)範囲や状態の診断もより正確に行え、事前の治療方針の決定などにも役立ちます。
●根の先の病気の大きさと範囲
歯科用部分CTスキャンでのレントゲン診断では、根の先にできた病気の大きさと病気の範囲が立体的に把握できます。これにより、根の治療が可能かどうかの判断もより正確に行えます。
●歯の根のひび割れなどの範囲と状態
歯科用部分CTスキャンでのレントゲン診断では、今までの平面的なレントゲン診断ではわからなかった、ひび割れの範囲と大きさの正確な診断が行えます。これにより、歯の保存が可能かどうかの判断も事前に行えます。
●親知らずの抜歯
親知らずを抜く場合も神経との位置関係がわかり危険な抜歯を回避することが可能となります。腫瘍の有無や大きさ、位置関係についてもわかります。
インプラント無料相談
CTについて CTの具体例 CT撮影依頼

当院へのごあんない 初診の方のための問診表 アクセスはこちら
▲ページトップ