インプラントとは

Home / インプラントとは

インプラントとは?

インプラントとは、歯の抜けた所に、人工の歯根を植え、しっかりと顎(あご)の骨と固定した後、その上に人工の歯を製作し装着する方法です。天然歯と同様の、健全な咀嚼運動(かみ砕きや飲み込む運動)ができるようになります。

インプラント自体を材質的に考えると半永久的なものです。しかし、実際に考えなければならないのは生体との調和です。

したがってインプラントの寿命は、患者さんのお口の手入れによって決まります。天然歯と同様に、手入れが悪ければインプラントの寿命も短くなります。治療後の口腔衛生管理はとても大切ですので、歯科医師や衛生士の指導に従ってお手入れの方法を学んでください。


インプラントの構造

インプラントとブリッジや入れ歯との比較

歯を抜いたまま放置した場合

メリット

  • ありません。

デメリット

  • 抜けた歯の周囲の歯が動いてしまう
  • 対合する歯が浮いて弱くなる
  • 噛(か)む機能が低下する
  • 発音障害
  • 審美性(見た目)が悪い

ブリッジの場合

メリット

  • 補綴物(ほてつぶつ)(被せる人工の歯)を選べば審美性は良好
  • 自分の歯と比べ、食感や味覚は、あまり差がない
  • 比較的簡単に治療が受けられる。(ただし、神経を残せる場合)

デメリット

ブリッジのデメリット

  • ブリッジを固定するために、両隣の歯を削らなければならない
  • 削った後もし痛みが出れば、神経を取る場合もある
  • 支えになる歯は負担が大きく、もっても8年程度でだめになることが多い
  • 抜けた歯の部分の顎(あご)骨が、次第にやせてしまう事がある
  • 食べ物カスが詰まりやすく、口の中が不衛生になりやすい
  • 発音しづらくなることがある

入れ歯の場合

メリット

  • 一般的な治療のため、比較的簡単に治療が受けられる
  • 取り外しが出来るため、自分では歯磨きが困難な方は衛生的

デメリット

入れ歯のデメリット

  • 形状が合わないと口の中で動きやすく、痛みが伴う事がある
  • バネの架かる歯は負担が大きく、数年でぐらぐらしてくる
  • 食べ物カスが残りやすく、口の中が不衛生になりやすい
  • 硬いものやお餅など、噛むのに苦労する。(噛む力が出にくい)
  • 発音しづらくなる事がある
  • 取り外して手入れをする必要がある

上記留意点(短所)を解消した治療法

インプラントにした場合

メリット

  • 自分の歯のような感覚で噛む事ができる
  • 噛む力、味覚が低下しない
  • ブリッジのように両隣の歯を削る必要がない
  • 審美性が良好
  • インプラントがしっかり固定すると、顎の骨がやせるのを防ぐ事ができる
  • 天然歯の負担を減らし、天然歯を守る

デメリット

  • 歯を抜く場合と同程度の手術が必要(大きな欠点ではない)
  • 体質や疾病(重度の糖尿病など)によっては治療ができない場合がある
  • 費用がかかる
  • ブリッジや入れ歯より、日にちがかかる(即時荷重インプラントは別)。ただし回数は変わらない

こちらのページも読まれています