HOME > 即時荷重インプラント
即時荷重インプラントとは、インプラント手術と同時に仮歯を入れる治療法です。

今までの治療では、通常、インプラント埋入手術から下顎で2〜3ヶ月、上顎で4〜6ヶ月の期間を置き、
骨癒合を待ってから仮歯を入れる方法が一般的でした。しかし、最近では、埋入手術をしたその日に、
固定性の仮歯を装着し、噛むことができる「即時荷重インプラント」という方法もとられるようになってきました。

ただし、この「即時荷重インプラント」は、埋入部位の骨がしっかりしているなど、
いくつかの基本的な条件を満たすことが必要で、どの患者様にも対応できるものではありません。
患者様の状態を全体的に見極め、慎重に行うことがとても重要です。

治療が早いこと、食生活への負担が少ないなどの利点の代わりに、リスクを伴う事も認識し、慎重な治療を行うことが求められます。

▲ ページ先頭へ戻る