HOME > フラップレス(無切開)手術
通常のインプラント手術は歯茎を剥離し骨を露出させそこにインプラント本体を埋入していくものなのですが、フラップ手術とは術前にCTなどを駆使してサージカルステント(インプラントを埋入するためのガイドになる物)を作成して、歯茎を剥がさずに予定した位置に正確に埋入しようというものです。
コンピューター上で設定した位置を正確に口腔内に再現するには通常「ステント」というものが作成されます。このステントは口腔内で動いては意味がありませんからどこかに固定源を求めなくてはいけません。
通常は歯、もしくは粘膜に固定させることになります。
そしてそのステントに開いている穴にドリルを入れて粘膜の上から直接骨を削ります。
これにより、外科手術に抵抗のある患者様の恐怖心を軽減することが可能となりました。
切開や縫合を行わないため、非常に短時間で手術を行なうことができ、切開や糸で縫うことからくる「腫れ」や「痛み」、「出血」が少ないのも特徴です。 ただし、フラップレス手術は、歯肉の上から骨を見ずに行なわれる手術であるため、他のインプラント手術以上に歯科医師の経験や高度な技術が求められ、 CT撮影によるシミュレーションなど事前の念入りな診断が不可欠です。

▲ ページ先頭へ戻る

歯間乳頭(*)や歯ぐきの退縮が起こらないため、前歯のような審美を要求される部位に適した治療法です。

※ … 歯と歯の間を埋めている歯ぐきのこと

▲ ページ先頭へ戻る