審美歯科は、従来の虫歯や歯周病といった、歯や歯肉の病気を治すことが目的ではなく、もう一歩進んで、美しく健康な歯や歯肉を作ることを目的としています。
そして、審美歯科は美しい歯や歯肉を作るばかりではなく、美しい笑顔を作り、精神的にも大きな恩恵をもたらします。

審美歯科の治療法とその種類

メタルフリーナオデンタルクリニックでは、審美性、機能性に加え、体の安全性も考えた「メタルフリー治療」によって、美しい歯や歯肉を作り、美しい笑顔づくりのお手伝いをさせていただきます。


日本のむし歯治療では、保険が適用される歯科用の金属が多く用いられてきました。

この「銀のつめもの」や「銀のかぶせもの」と言われる銀を含む合金は、絶えず濡れている口の中で経年的に腐食し、溶け出して体内に蓄積されます。

そして、体の中に入り込んだ金属は、湿疹や発赤、腫脹などの金属アレルギー症状の原因となる場合があります。

もちろん、症状だけでは原因の特定は難しく、必ずしも歯科用金属だけが原因となっているとは言い切れませんが、金属が原因と思われるアレルギー症状を訴える患者は増加傾向にあります。

 

メタルフリー安全基準に厳しい欧米では、日本の保険治療で用いられる金属を使って治療を行うことはほとんどありません。

そうした動きは、日本国内においても浸透しつつあり、「メタルフリー」という考えのもと、健康面を考えた審美治療が行われるようになってきました。

ナオデンタルクリニックでも、見た目の美しさとともに、体に害を及ぼす危険性のある金属を使わない「メタルフリー治療」をご提案しております。

審美歯科の治療法とその種類

審美歯科治療はきちんとした基礎治療の上に、さらにより自然に美しく健康的に治す治療のことです。
セラミックをつかったものが主流で、オールセラミッククラウン、ポーセレンベニア、ポーセレンインレー、ハイブリッドポーセレンクラウンなどさまざまです。
基本的に、見える部分には金属を使わず、歯の色と同じ白色で修復します。

ホワイトニングについて

今まで歯を白くするには歯を削ってかぶせる方法しかありませんでした。でも、今注目を集めている 「ホワイトニング」なら、歯に直接薬液を浸透させ漂白させることで、歯を削ることなく白い歯を手に入れることが出来ます。

ホワイトニング照射機"パピヨン"
ホワイトニング照射機"パピオン"
ホワイトニングにはご自宅で手軽に行える『ホームホワイトニング』と、歯科医院で行う『オフィスホワイトニング』の2種類があります。
ホームホワイトニング』は患者様が実行する方法で、歯や唇の粘膜組織にやさしい薬剤を使用するため、最低でも2〜3週間程度の期間を必要としますが、現時点では長期的に良好な結果が得られる方法です。
後者の『オフィスホワイトニング』は、短期間で歯を白くしたいとお考えの方に最適です。診療室で歯のクリーニングとともに、照射機とホワイトニング剤を用いてきれいにする方法です。
主な症例
症例@
症例@ 手術前・手術後
症例A
症例A 手術前・手術後
症例B
症例B 手術前・手術後
症例C
症例C 手術前・手術後
症例D
症例D 手術前・手術後
症例E
症例E 手術前・手術後

当院へのごあんない 初診の方のための問診表 アクセスはこちら
▲ページトップ